ページ

2016年5月24日火曜日

リチャード・パンザー会長メッセージ「執行上の決定 対 摂理的決定」

以下、サンクチュアリ教会NFL本部のニュースレターの抄訳です。 
あなたがたはどう思うか。ある人にふたりの子があったが、兄のところに行って言った、『子よ、きょう、ぶどう園へ行って働いてくれ』。すると彼は『おとうさん、参ります』と答えたが、行かなかった。また弟のところにきて同じように言った。彼は『いやです』と答えたが、あとから心を変えて、出かけた。このふたりのうち、どちらが父の望みどおりにしたのか」。彼らは言った、「あとの者です」。イエスは言われた、「よく聞きなさい。取税人や遊女は、あなたがたより先に神の国にはいる。というのは、ヨハネがあなたがたのところにきて、義の道を説いたのに、あなたがたは彼を信じなかった。ところが、取税人や遊女は彼を信じた。あなたがたはそれを見たのに、あとになっても、心をいれ変えて彼を信じようとしなかった。(マタイによる福音書/ 21章 28-32節)
イエス様が願った天国が心の天国ならば、心の天国を越えて環境の天国を築くということは永遠に不可能なのです。家庭天国を越えて、社会天国を築き、国家天国を築くというのは永遠に不可能です。(120-48,1982.10.3)(天聖経、地上生活と霊界、第4章 天国、3) 天国に行くことができる要素と条件)


 「執行上の決定 対 摂理的決定」についての考えを書く前に、亨進様の洞察に満ちた説教、「王国の本質」を取り上げてみたいと思いますが、まず、それに先立って行われた、日本の熊本のサンクチュアリ教会(訳者注:安永教会)の井上教会長による、4月14日から16日に起きた2回の大きな地震にどう向き合ったかについての報告をご紹介します。


 8万棟が損害を受けました。5千棟は完全に倒壊しました。これまでに1400回の地震が起きています。橋が道路より高い位置に残されて道路と段差ができました。多くの道路が寸断されています。49名が亡くなりました。1300名が怪我をしました。地元の人々が率先して消火活動を行ったので、多くの人命が救われました。

 熊本サンクチュアリ教会(安永教会)は、昨年10月の天一国憲法の宣布の後、古い教会の建物から引っ越していました。そのとき、お父様が井上教会長に現れて、「新しい教会は気に入ったか?」と尋ねました。4月15日に、前の教会だった建物は隣の家が倒れてきたために使えない状態になりましたが、新しい教会は影響がありませんでした。
 2回の地震の後、多くの食口が一緒に生活するようになりました。彼らは、「お父様が自分たちと一緒に生きておられる」と感じていました。

ニューファンドランドを訪れた熊本のグループ


 亨進様は、「神の審判は愛である」「キリストをつかみなさい」と教えています。地震のさなかに、井上教会長は、お父様にどうすべきか祈り、「訓読会をしなさい」という言葉を受けました。彼らは、お父様のみ言を訓読し始めたのです。
 その後、家が壊れてしまった人のために5つの新しい家を見つける必要があり、世界中からの支援金を使って、新しい家を契約することができました。
 約400年前に殉教した37,000名のクリスチャンの解怨が、数日前の4月10日にサンクチュアリ教会先祖解怨式で行われていました。震源はニューファンドランドでした。新しい憲法が日本と世界を揺さぶっています!(熊本の救援のための献金をお願いします。熊本救援のためと明記してください)

*******

 亨進様は、説教「王国の本質」で、政治を研究するのは、もともと、それがどのように腐敗し、どのようにして権力の中央集権化が腐敗するか、そして、どのように悪が働くかを理解することの重要性を理解するためだと説明されました。

Kingdom Nature - May 22, 2016 - Rev. Hyung Jin Moon - Unification Sanctuary, Newfoundland PA from Sanctuary Church Newfoundland PA on Vimeo.

 連邦政府は、現在、全国の学区にトランスジェンダー指針を押し付けようとしています。小学生は自分の性別を選ぶことが許されるべきであり、性別に混乱した少年が、女子更衣室で女子と一緒にシャワーを浴びることができるようにすべきだと言っているのです。

 文化の性愛化は、ますます混乱した社会へと導いています。体の中のすべての細胞のX染色体やY染色体の遺伝子を変更することは不可能です。アメリカ小児科学会による報告では、子供が性別を選択できるという考えを子供に教え込む動きは、結果的に幼児虐待につながるとしており、次のようなことが指摘されています。

  • 性別に混乱した少年の98パーセントと、性別に混乱した少女の88パーセントもの子供が、思春期が終わると、カウンセリングなしに生物学的な性別を受け入れている。
  • ほとんどのLGBTQに肯定的な国で、性ホルモンを使用したり、性転換手術を受けた人は、一般と比べて自殺率が20倍も高い。
  • 化学的、外科的に別の性別を装わせるような人生に子供を条件付けることは、結果的に児童虐待になる。

 エリートたちは、今、小児性愛を受け入れるよう主張しています。SALONマガジンの最近の記事では、小児性愛を称賛しています。ビル・クリントン元大統領は、億万長者の性犯罪者であるジェフリー・エプスタインが所有するカリブ海の島を、20回も訪問していたと報道されました。セックスカルトの行いが、「Minor attraction syndrome(訳者注:『年少者に魅力を感じる病気、障害』というような意味でしょうが、適当な訳が見つからないのでそのままにしました)」と、名前を付け直して標準化されています。社会が善と悪を区別できなくなると、適切な家庭の構造を損ないます。

 亨進様が、「お父様を冒涜することなしに、宮殿に留まることはできなかった」と言って立ち上がったように、私たちも、公立学校が、小学生や中学生の子供を洗脳して混乱させることに対して立ち上がる必要があります。お母様と私たちが皆、真の主体である太陽/息子の愛を受けることができる、対象の立場に立つなら、お母様の完成が保持されていたはずでしょう。

 その代りに、お母様は「罪なき独生女」がキリスト教と韓国の歴史の結実であると主張しています。ユー婦人(史吉子)ですら、相続者に関してお父様と一致していなかったと認めました。

 天正宮における最近のスピーチで、お母様は、「六千年ぶりに天が探し立てられた、独り娘の基盤を通して、天は勝利されました。大母様はその名の通り大きな母です。堕落した人類の前に最も近く、彼らを抱き真の父母様の前に出ることを可能にする恩賜と恩寵を与えることの出来る大母様です。そのため、この清平を中心に実体的に霊肉合わせた役事を始めることが出来ました」と宣言しました。  
いよいよ、お父様のことが語られることが少なくなっています。救いは清平に行くことから来るのでしょうか?

 日本家庭連合のある弁護士は、家庭連合の憲法の全体主義に愕然としていました。彼女は、「沈黙を破って」と新しい天一国憲法のことを聞いて、感謝の涙を流しました。

 お父様は、他の母親も含めて多くの子孫がいますが、相続者はただ一人です。お父様は王権の血統となるべき一人を選びました。

 一神教の枠組みを離れると、多神教への扉を開けることになります。お互いに関係する多くの「神々」がいるため、もはや一人の神の愛する対象ではなくなります。

 苦難の時代には、世界地図が変わるでしょう。サタンは激しく戦うでしょう。特にキリストを信じる者にとって、事態はますます悪くなりますが、永遠には続きません。イサクの世代のメンバーとして、私たちは進んで祭壇に立つべきです。

賛美絵画中のMary Ann Larea
 武道を始めると、本当の戦いに直面します。非常に屈辱を覚えることもありますが、少なくとも自分が実際にどういう立場かわかります。私たちは現実に直面するとき解放されます。人はそこから成長し始めるのです。

 亨進様は、 お母様がお父様のみ言を変える道に進まないよう説得しました。お母様は、「すべてうまく行きます。良いことを考えなさい」と言いました。しかし、良いことを考えても現実にはなりません。現実と向き合って、それで、より良くなるように努力する方が良いのです。

 お母様は、訴訟はもうしないと約束したにもかかわらず、お父様の後継者である自分の息子に対して、現に訴訟を起こしています。

詩編65: 9に基づく賛美絵画
 マルクス主義は知識人の麻薬です。彼らは、自分自身のイメージする「賢明なエリート」による中央計画と政治支配に引き付けられていますが、独占を排除せず、彼ら自身が独占者になって全てを規制します。ベネズエラは、ユートピアを約束した中央集権支配の例ですが、人々の自由と生活を破壊しました。4000年前にできた老子道徳経では、最小限に治める王が最善だと教えました。王は人々の暮らしにとやかく言わないのです。

 経済は、自由があるほどうまく行きます。市場に任せて、多くの自由な消費者に選択させるとうまく行きます。もう一つの例は、パーマカルチャーです。一つの作物だけでなく、多くのものを成育できます。過剰な干渉なしに、エコシステムを発展させましょう。亨進様は、三代王としてお父様に任命された信俊様に、これについて話します。最小のことを行う王が、最善です。天一国では、市民が生産者の国の王の権利を持ちます。スキルを上達させれば、繁栄します。

*******


執行上の決定 対 摂理的決定

 最近、イギリスの君主制に関連して、メシアの血統を男性が相続することと、お母様の権威に関しての亨進様の考えについて質問を受けました。

 私自身は、この100年の間、二つの大戦と冷戦を通して、君主がイギリス国民を励まし、高めた、その影響力のある役割は、執行権を持ってなくても「君主」がどれほど重要な役割を果たすことが出来るかを示していると思いますが、亨進様の考えは、明らかにイギリスの君主制に基づくものではありません。

 新しい天一国憲法において、王の権力は制限されています。王は、最高裁のメンバーを任命する役割を持っていますが、戦争を起こしたり、予算を超えて支出したり、課税したりする権力は持ちません。

 亨進様は、絶対「性」と6マリアについて公然と教えていたことでアメリカ家庭連合の会長を解任される前、お母様の将来の計画について気づいていたにもかかわらず、お母様と一緒にやっていこうとされていました。その時、亨進様は、個人的にお母様にその計画を進めないように懇願していました。
 もちろん、お母様は、「執行的な」決定をはるかに超えて次のような「摂理的な」決定をされたわけです。
  • お父様の任命した後継者、相続者に関して、お父様からの明白な方向性を逆転させた
  • お父様が天に捧げ、世界中の公式な式典で何百人もの指導者たちに配布した神聖な経典に、大手術が必要であると判断し
  • 新しい「罪のない独生女」という清平を中心とした神学を作った
 統一運動を新しい段階に導こうと亨進様と共に働くことよりも、このような摂理的な変革にもっと打ち込むために、亨進様を排除したことは明白です。

南ロンドン平和大使館でスピーチする金萬晧
 家庭連合の指導者が、お母様は、真のお父様よりも大きな力で前進すると主張しているのを知っていますか?金萬晧(キン マンホ)が1年前の2015年5月17日に南ロンドン平和大使館で行ったスピーチで、次のように語りました。「お母様はとても霊的な方ですが、極めて論理的で合理的な方でもあります・・・そして、お母様はお父様よりも大きな力で前進します」(開始41:30) 金萬晧がお母様をお父様より高めようとしたことが、昨年、彼がUTSの名誉博士号を授与された主要な理由でしょうか?

 お母様が、お父様の摂理的な宣言を却下することで、UTSのフェミニスト神学者たちは、これまでの復帰摂理の「男女差別主義の」時代が終わったと喜んでいます。もし、お父様のみ言を守り、尊重するために立ち上がった亨進様がいなければ、私たちは、(お父様の)主管性転倒の時代に生きていたことでしょう。ひょっとしたら、家庭連合は、そういう理由で、いずれもお父様に由来する、統一マークと「天一国」の言葉をサンクチュアリ教会が使用することに対して、法的な手続きを取ることで、高まる影響を断固阻止しようとしているのでしょう。お父様の相続者である方が、自分で望むものを使う権利がないと考えるのは、ばかげたことではないでしょうか?

 宗教の権威者が、政治権力によって自分の意志を押し付けようとするこれまでの試みからすれば、家庭連合の法的な攻撃が成功するとは思えませんが、弁護士を雇うのは非常にお金がかかります。お父様の教えによって自分の生活を変えた、アメリカの兄弟姉妹は、原理の教育ではなく、訴訟に使われるべきかどうか問われたでしょうか?家庭連合は、兄弟姉妹を、同意が必要な市民としではなく、ただ命令を受けるのが役目の「メンバー」とみなしているので、答えは明らかです。

*******

神様の祝福が皆様とご家族にありますように!
リチャード・パンザー Ph.D
世界平和統一聖殿 USA会長


-----------------------------------------
以上、抄訳終わり 



↓↓ブログランキング参加中。
クリックで応援お願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿