スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

中国の台頭を許したのはアメリカの失敗だった

1997年にビル・クリントン大統領は、米中戦略的パートナシップ関係を結びます。翌年98年には日本をスキップして中国に訪問。天安門事件以来9年ぶりの大統領による訪中を実現します。

クリントンの親中外交は継続し、中国のWTO加盟も彼が後押ししていたそうです。

そして、2001年の11月に中国はWTOに加盟しました。このときはブッシュ息子が大統領になっています。

アメリカの狙いは中国の市場でした。人権問題よりもうまい汁を吸うことを優先させたわけです。それによって中国が世界の工場として経済発展していくことになります。

しかし、トランプも主張していたようにそのために工場が中国に移ってしまい、貿易赤字も膨らむ結果となりました。もちろんメリットもあったわけです。

中国では人権が無視されるような過酷な労働環境でも、表向きは何の問題もなく安い人件費でモノが作れました。

また、環境汚染も気にすることはありません。中国の環境が汚染されても自分の国には関係ありませんから。グローバルな大企業にとっては実に都合の良い相手だったわけです。

その弊害は米国内の雇用の問題もありますが、中国という覇権主義的で独裁的な国家が軍事的に優位に立つことを間接的に助けていたということもあります。

技術面でも高度な技術をコピーして安い人件費で製造されれば、商業的にも脅威となるだけでなく、それが軍事面でも利用されてしまいます。

また、軍事費の「お金」で比較すると中国はアメリカに及ばなくても、人件費が安いためにそれを考慮すると相対的な軍備バランスが大きく変わってきます。

この話は、ピーター・ナヴァロの「米中もし戦わば」を参考にしたものです。

と、ここまで書いた内容は、実はかなり昔に下書きに書いたまま放置していたものです。

今、減税と規制緩和で景気回復を果たしたトランプ政権は、それを武器に中国に喧嘩を吹っかけています。

そういう中で消費税増税を強行しようとしている日本政府は、自滅への道をたどろうというのでしょうか。経済が弱くなれば、ますます日本は買いたたかれ、弱くなってしまうのではないでしょうか。非常に不安です。

聖霊祈祷 2019年1月6日 サンクチュアリ教会礼拝より(日本語字幕付き)

2019年1月6日の礼拝から。他の兄弟姉妹たちのための祈祷に加え、乳がんの再発を診断されたある姉妹のための祈祷があり、冒頭の祈祷とその部分を抜き出しました。日本語字幕付きです。回復をお祈りいたします。

最悪の状況の中で最善を祈る:北朝鮮情勢など

朝鮮半島を取り巻く状況は、言うまでもなく悪い方向へと向かっています。二代王が説教の中で何度となく、状況はこれから悪くなると語られていますが、まさしくこの朝鮮半島情勢のことを表している言葉だと言えるでしょう。

トランプもツイートした英国の難病の赤ちゃんの行く末を祈る

2017年7月3日のことですが、トランプ大統領はイギリスの難病の赤ちゃん、チャーリー・ガードちゃんのことをTwitterでつぶやきました。

アメリカの再生が全人類に残された希望の光なのだろうか

結論から言えば、アメリカの再生が最後の希望の光なのだろうと私は信じています。正直に言えばそう信じたい、というところかもしれません。また、知的な理解を超えた信仰とインスピレーション、そして原理的解釈なしにはその結論に行き着くことはできないようにも思えます。

ちょうどもうすぐ独立記念日を迎えますので、アメリカについて考えるのは良いタイミングと思い少し考えてみました。

ウォーターゲートの再来などという間違った認識をしてはならない

日本サンクチュアリ協会のホームページに2017年5月18日付けで、江利川総会長の名前で書かれた文章を見て少々驚きました。以下に引用いたします。

今、アメリカでは、1973年11月のニクソン大統領のウォーターゲート事件ならざるトランプ大統領に対するロシアゲート事件を醸成しようとしております。アメリカの亡国と世界の混乱を招きかねない由々しき事態です。
当時、真のお父様は、『許せ、愛せ、団結せよ!』のメッセージをアメリカを始めとして全世界に発せられ、私達は、断食の精誠を捧げて、全世界からアメリカのために深刻に祈りました。
ここに、真のお父様がアメリカの国と国民に向けて懇切に訴えられた宣言文をお伝えいたします。

日本サンクチュアリ協会 総会長 江利川安栄(2017/5/18) この後、ウォーターゲート当時のお父様の宣言文が続きます。