ページ

2016年6月4日土曜日

パンザー会長ニュースレター「二世の叫び:もう訴訟はやめて」

以下、サンクチュアリ教会NFL本部のニュースレターの抄訳です。
※内容自体はすでに「秀のブログ」で取り上げられ、翻訳もされておられますので、その部分はそちらへのリンクのみとさせていただきます。


我々人間は、100パーセント愚かな 立場に立っていますが、100パーセント以上知恵深い神様が友達になり、無 限の霊界の先祖たちが、自分の同伴者になり、後援部隊になっています。そのようなことを考えるとき、有り難いのです。
 先生は一線で冒険の場、ゴリアテの前にダビデが立ち上がるときのその気分が、本当によく分かります。堂々としているのです。神様が保護されて、百戦百勝することができるのです。「打てばお前が裂けるのであって、私は裂けない!」という心をもって暮らしてみると、本当にそのようになったというのです。(203-192,1990.6.20)
(天聖経、真の父母、第6章 「真の父母」と我々、4) 恩寵と自覚)

勇気ある二世、ギデオン・ラウチの話を聞けば、皆さん興味を持つことだろうと思いました。彼は、統一運動におけるすべて訴訟を止めることを求めるべく立ち上がりました。ギデオンが行動を起こした理由を彼は次のように説明しています。


※以下、ギデオンさんの主張内容とオンライン署名については秀のブログの記事をご覧下さい。

*******
神様の祝福が皆様とご家族にありますように!
リチャード・パンザー Ph.D
世界平和統一聖殿 USA会長
-----------------------------------------
以上、抄訳終わり


↓↓ブログランキング参加中。
クリックで応援お願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿