ページ

2016年8月24日水曜日

思いもよらない、意外な、予期しない勝利!(パンザー会長)

以下、サンクチュアリ教会NFL本部のニュースレターの抄訳です。 
血統的転換は誰がするのでしょうか。それは、誰でもできることではありません。先生がこのことをするために、涙ぐましい十字架の道を歩んだということを知らなければなりません。
・・・死ぬ運命にぶつかることはなかったでしょう。家庭基盤をつくって子女をもったとしたら、キリスト教は変わっていたでしょう。イエス様の直系の子孫を中心として、世界を動かすようになったでしょう。
(祝福家庭と理想天国 第三章、二節、新生と祝福の起源)
ニューファンドランドの日没
2016年8月21日
この数日間のイベントはあまりにも素晴らしく、本当に言葉に言い表せないほどです。まず、金曜日に行われた真のお父様の聖和記念式、天一国基元節記念式、祝福式に始まり、土曜日の原理本体論ハイライトセミナー、そして、日曜日には、聖霊に満ちた礼拝に続いて亨進様と國進様による非常に興味深い質疑応答が行われました。




日曜日の礼拝の初めに、亨進様はその場に出席した大陸会長に報告を行うよう指示されました。それは、韓国の李会長、日本の江利川会長、ヨーロッパのクリスチャン・シーバーガー会長、そして北米の私でした。

クリスチャン・シーバーガー会長は、イギリス、ロシア、ドイツ、オーストリア、イタリア、ポーランド、スペイン、スロベニア、モルドバとその他の地域でサンクチュアリの支部が活動していると報告しました。李会長は、昨年以来、1420組の韓国人夫婦が祝福を受け、4000名以上の兄弟姉妹が受けたことになると報告しました。

韓国では25のサンクチュアリ信徒グループが活動しています。江利川会長は、2015年の7月4日にお父様が現れて、「江利川、天運は家庭連合と統一教会から去ったよ」とおっしゃられたと話しました。そして、それが「本格的に活動を始めたときだった」と説明しました。江利川会長は、続けて、日本での驚くべき発展について説明されましたが、その中でも、昨年以来1500組、つまり5000名以上の兄弟姉妹が祝福を受けて、真のお父様の権威に戻ったということでした。
PA、ニューファンドランド 8月19日の祝福式
アメリカでは、30ヶ所以上の都市で24の州にサンクチュアリの支部が活動しており、カナダでは二つの支部があると報告しました。
アメリカとカナダのサンクチュアリ教会州支部(黄色)

メキシコの姉妹、アンドレア・フィスターさんは、現在メリーランド州に住んでいますが、神様がいかにして彼女をサンクチュアリ教会に導いたかについて心のこもった証をしてくれました。(次の動画をご覧ください)

亨進様は、彼の格闘技のパートナーである「サン・フラン」について話しました。彼は、お父様の警護をしていました。お父様の聖和後、彼は解雇されて一文無しでブラジルに帰国しました。彼の友達が、総合格闘技のトーナメントを開催し、参加を招待されましたが、対戦相手は「殺し屋」の異名を持つチャンピオンでした。彼の妻はやめるよう懇願しました。最初の3ラウンドの間、彼は容赦なくチャンピオンに殴られました。彼は、最終的に3か所の骨折と、鎖骨の骨折により、21日間入院することになりました。第4ラウンドで、投げ倒されそうになっているときに、サン・フランは柔術の絞め技をチャンピオンにかけることができ、勝利したのです!その試合の賞金で家を買うことができ、今そこで家族と住んでいます。家族がやってきて、彼が生き残り勝利したことで、涙ながらに彼を抱きしめたとき、彼は「すべての栄光は真のお父様のものだ。真のお父様が私にもたらしてくださったのだ!」と言ったそうです。

説教の日本語訳全文は「サンクチュアリNEWS」にあります

そのような闘争心が二代目の王権の文化です。このようにキリストのために戦い勝利するという経験が、私たちの真の宝です。イエス様は、天に宝を蓄えるように教えました。キリストを知って、その血統に加わることより素晴らしい宝はありません。そして、正しいことのために、真のお父様に栄光を捧げるために立ち上がった名誉ある人々と共にあることです。王権の精神を学ぶことは、未来の世代に届ける、霊肉両方の真の財産を理解することを意味します。真の主権者、所有者として、エピジェネティクスを解き放つのです。お父様のために立ち上がった人々は、お父様の家に住むでしょう!

**********


神様の祝福が皆様とご家族にありますように!

リチャード・パンザー Ph.D
世界平和統一聖殿 USA会長
-----------------------------------------
以上、抄訳終わり



クリックで応援お願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿