ページ

2017年1月24日火曜日

イスラム教は平和の宗教であるか?

アヤーン・ヒルシ・アリさんはイスラム教徒として生まれ育ちましたが、現在はイスラム教を捨てイスラム教徒としての自分の経験をもとにイスラム教の改革を訴える活動を行っています。

彼女はイスラム教における女性の人権問題をテーマにした短編映画をテオ・ファン・ゴッホ氏と作りましたが、二人とも殺害の脅迫を受け、ゴッホ氏はイスラム過激派に殺害されています。


彼女はイスラム教の「改革」を訴えていますが、本人も棄教していますし、伝統的イスラム教徒からは「反イスラム」とみられているようです。しかし、彼女自身は宗教を差別することにも反対の立場を取っているようです。

このプレガーユニバーシティの5分の動画、「Is Islam a Religion of Peace?」(イスラム教は平和の宗教であるか?) の中で、彼女は元イスラム教徒の視点から見たイスラム教の問題点と、それをとりまく社会の問題点を説明しています。

彼女自身はフェミニストであり無神論者だそうですのでどちらかというとリベラルよりな人なのかなという気はしますが、少なくともこの動画の中ではリベラルの多文化主義の問題点も指摘しています。


※日本語の字幕が出ないときは設定を変更してください。


クリックで応援お願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿