ページ

2016年10月24日月曜日

仮庵の祭りとイエス様

2016年10月16日の亨進様の説教で、仮庵の祭りの話が出てきました。現在でもイスラエルではこの期間、会社などもお休みになるようです。

亨進様の説教の中でも「イエス様もこのような祭りの間に活動しておられました。テントの中で生活して。このような伝統の中で育てられました」と、語られていましたが、実際、福音書のヨハネの7章が、正にこの仮庵の祭りのときのものです。
(ヨハネによる福音書 7章 2節)
時に、ユダヤ人の仮庵の祭が近づいていた。 
イエス様は、兄弟たちに祭りに行くことを促されたものの断ります。
(ヨハネによる福音書 7章 8節)
あなたがたこそ祭に行きなさい。わたしはこの祭には行かない。わたしの時はまだ満ちていないから」。  
しかし、不思議なことに「ひそかに」祭りに行かれます。
(ヨハネによる福音書 7章 10-11節)
しかし、兄弟たちが祭に行ったあとで、イエスも人目にたたぬように、ひそかに行かれた。ユダヤ人らは祭の時に、「あの人はどこにいるのか」と言って、イエスを捜していた。 
そして、祭りの半ばから教えを説きはじめるのです。
(ヨハネによる福音書 7章 14節)
祭も半ばになってから、イエスは宮に上って教え始められた。 
(ヨハネによる福音書 7章 37-39節)
祭の終りの大事な日に、イエスは立って、叫んで言われた、「だれでもかわく者は、わたしのところにきて飲むがよい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その腹から生ける水が川となって流れ出るであろう」。これは、イエスを信じる人々が受けようとしている御霊をさして言われたのである。すなわち、イエスはまだ栄光を受けておられなかったので、御霊がまだ下っていなかったのである
不思議な場面だと思いませんか。密かに行動されたり、人目を避ける深い理由が何かあったのでしょう。神様との対話をされていたのかもしれません。


クリックで応援お願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿