ページ

2016年9月27日火曜日

ウェスリー・サミュエル氏の世界的聖和式(パンザー会長メッセージ)

以下、サンクチュアリ教会NFL本部のニュースレターの抄訳です。

「父がとても大切にしていた写真をご覧に入れたいと思います。覚えている限りでは、私が幼い子供の頃からずっと、父はこの写真を枕元に飾っていました。父の満面の笑みから、真のお父様に対する愛と奉仕の心が輝いているようです」
(ウェスリー・サミュエル氏の娘、ジュニー ジューンさんより)





文亨進師は、9月23日に亡くなられたウェスリー・サミュエル氏のために、10月2日にペンシルベニア州ニューファンドランドの統一聖殿(サンクチュアリ教会)において、「世界的レベルの聖和式」が執り行われることを発表されました。

ウェスリー・サミュエル氏は、1966年にアフリカ系アメリカ人としては初めてアメリカの統一教会に入会されました。彼と妻グラディスは、韓国以外の最初の国際祝福である43双に加わりました。それはその後、1968年に行われた430双の祝福に加えられました(430双の意義については、最後をご覧ください)。彼はこの一年、フロリダ州のボイントンビーチのサンクチュアリ教会リーダーを務めました。ウェスリーとグラディスには6人の子供がいます。




聖和式

日付:2016年10月2日(天歴9月2日)
時間:聖和式 2~3:30PM
場所:サンクチュアリ教会(ペンシルベニア州、ニューファンドランド、メインストリート 889)
参列者の服装:男性はダークスーツに白のネクタイ、女性はベージュ、白の服
プログラム:ご遺族と相談の上決められる予定です。
式典はYoutubeチャンネル「Sanctuary Church Newfoundland, PA」でライブ中継されます。


原殿式

時間:聖和式に続いて行われます(4:00~5:00頃)
場所:Hopedale Moravian Cemetery
(参加者は霊柩車を先頭に列を作って車で墓地へ移動します。)
プログラム:ご遺族と相談の上決められる予定です。


ご遺族への献金
9月25日に献金箱に入れられる無記名の現金は、ご遺族への献金として扱われます。
小切手の振り出し先(ご遺族によって情報が提供されます)
「Sanctuary Church」に対して振り出される小切手は、メモ欄にサンクチュアリ教会向けのものなのか、10分の1献金なのか、サミュエル家のご遺族へのものなのかを明記してください。「Sanctuary Church」に対して振り出された小切手のメモ欄に何も書かれていない場合、サミュエル家への献金として扱われます。

*******


ウェスリー・サミュエル氏の聖和を機に、1968年の430双祝福と続く1969年の43双の祝福の意義について深く考えましょう。ウェスリーは、43双祝福でした。
真のお父様のみ言は、次のように天聖経に記録されています。

430双祝福の意義

430家庭の時は、大韓民国の歴史が檀紀4300年の年だったのです。4300年になる年に、大韓民国の家庭はどんな家庭でも、天の国へ行ける門を開いたのです。反対した集団までも入っていけるのです。いかなる氏族、いかなる民族。大韓民国の民は、反対した人でも、下賤(げせん)の身の子孫だとしても、人ならば誰でも行けるのです。
 それで430家庭は、氏族全体が加担する時なのです。全体の特定時代が、今は普遍的時代に移ってきているのです。それで金氏ならば金氏家門が神様の前に選ばれたならば、金氏全体が入っていけるのです。そして1969年度に、世界の数多くの国家を代表して43家庭を祝福してあげたのです。ドイツで祝福してあげ、アメリカで祝福してあげ、日本で祝福してあげたでしょう。それが43家庭です。相対なのです。430家庭の国家的家庭の前に、430数の相対的家庭です。
 これは何を意味するのかといえば、全世界民族国家も韓国のあらゆる氏族が天国圏内に加担する特恵を得たので、世界民族が加担できる内的基盤によってこの相対的基準を連結させれば、外的世界の氏族も内的世界の蕩減基準にある韓国民族と連結できるというのです。(100-31,1978.10.4)

********

神様の祝福が皆様とご家族にありますように!

リチャード・パンザー Ph.D
世界平和統一聖殿 USA会長
-----------------------------------------
以上、抄訳終わり



クリックで応援お願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿