ページ

2016年9月8日木曜日

大統領選挙と解怨式について(亨進様2016/9/4礼拝のお知らせより)

2016年9月4日の米国ペンシルベニア、ニューファンドランド・サンクチュアリ教会の礼拝のお知らせで、米大統領選挙と解怨式について亨進様が語られた内容の一部の日本語訳です。

10月の先祖解怨式については、既に何度もお知らせで通知されており、重複する内容もあるかもしれませんが、大統領選挙や原理講義と絡めた話もあり、また、これ以外にも先祖解怨式について繰り返し触れておられましたので、ご紹介しようと思います。

【米大統領選挙について】
(スライドの内容の要約:投票のための登録の締切について/ペンシルベニア10月11日、ニューヨーク10月14日、ニュージャージー10月18日)

「私たちはあのHellary(注:HillaryをHell=地獄と掛けた言葉?)の地獄から来た女悪魔を打ち破らなければなりません。打ち負かして圧倒しなければなりません。なぜなら彼らは不正投票でゆがめることができるからです。メディアと通じているのでヒラリーに投票するように人々に圧力をかけたり、嘘をついたりして投票をゆがめることができます。たとえ彼女が犯罪者であり、人々を攻撃してたくさんの人を殺し、大げさにフェミニズムを装っていながら、女性を完全に抑圧しているサウジアラビアのような世界で最も圧政的な政権から何百億円ものお金を受け取っているとしてもです。彼女はまったくの詐欺師です。ひどい、邪悪な悪魔のような女、悪い、悪い、悪い魔女です。ご存じのとおり、嘘つきの詐欺師、犯罪者です。

一票一票が重要です。彼女を打ち負かして政治の舞台から完全に追い出しましょう。ブッシュやクリントンにはもううんざりしています。もうこれ以上、ブッシュやクリントンはアメリカに必要ありません。私たちには、もっと天一国に近い、建国時の信条に立ち返るような変化が必要です。

しかし、これは大きな戦いになるでしょう。皆さん、考えてみてください。ちょうど選挙の頃に、先祖解怨式があります。それで何があるでしょうか?アメリカで5400万以上の生まれる前の子供たちが、母胎にいるうちに殺されましたが、その子供たちが解放されます。するとサタンは腹を立てるでしょう。とても腹を立てます。その小さな子供たち、その純真な子供たちが、サタンの餌食にされ、魂をむさぼられ、奴隷として利用された立場であったのが、サタンから解放されるとき、変化が起こるでしょう。その変化というのは、何か天一国が大きく広がっていくというようなことだと言っているのではありません。そうではなく、おそらく最初は反対の方向に向かうでしょう。もっと悪くなります。サタンは腹を立て、力を失うとき、もっと激しく攻撃するのです。ですから、もうすぐその時になります。それはとても早く来ます。信じられないことですが。

もし今眠っているなら、あなたも死んでしまいます。私たちには、本当に信じられないような時に生きているからです。」


【先祖解怨式について】

「10月30日という日付に注目してください。ちょうど選挙の時期にあたります。みなさんに言っておきますが、大変な事態が始まると思ってください。

サタンは、腹を立てるでしょう。この純真な魂をむさぼり、自分の力のためにこのまったく無垢な子供たちを利用していますが、それが解放されるのです。そのために、この青年、ギデオンが原理講義の取り組み、使命を引き受けてくれました。たとえ誰もいなくても講義します。カーペットに向かって講義するのではありません。そこには霊界があるのです。考えてみてください。その子供たちが解放されれば、み言葉を聞く必要があります。地上で解かれたものは天上でも解かれ、地上でつながれたものは天上でもつながれます。私たちは、神のみ言葉をその場に解き放つ責任を引き受けなければなりません。天も喜んで聞くことができるように、み言葉を解き放たなければならないのです。」



クリックで応援お願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿