ページ

2016年9月15日木曜日

キリストの言葉を修正・・・(パンザー会長)

以下、サンクチュアリ教会NFL本部のニュースレターの抄訳です。 

日曜日の、亨進様の思慮深く感動的なメッセージの中で、武道を学ぶことがどれだけご自身に影響を与え、それがどれだけ真の霊的生活を追及することに適用されたかについて、亨進様がお話しされました。

そのことをお話しする前に、家庭連合がまたもや真のお父様のみ言葉を「修正」している事例についてコメントしなければなりません。

2016年9月7日に行われた戦略計画会議、USA 2020において金起勲(北米大陸会長)の行ったプレゼンテーションの動画をご覧ください。彼は、お父様のみ言葉から引用しているように見せかけていますが、お父様が「神様」を示された表現を、新たに政治的な意図で修正された用語である「天の父母様」に何度も入れ替えています。あたかも文鮮明師が天のお父様をなんとお呼びになりたかったかご存じなかったかのように、家庭連合がメシアのみ言葉をいかにして「修正」するように行動しているかを示す、もう一つの悲しい例であります。さらに一歩踏み込んで、キリストを拒み、非聖書的、非一神教的な「原罪なき独生女」神学を推進するために、キリストを政治的に正しい(中立的な)操り人形に変えてしまっています。

お父様のみ言葉を「修正」する金起勲氏


※説教の要約は省略いたします。
**********


神様の祝福が皆様とご家族にありますように!

リチャード・パンザー Ph.D
世界平和統一聖殿 USA会長
-----------------------------------------
以上、抄訳終わり



ブログ管理者からのコメント:
真のお父様の言葉を変えてしまうことは、お父様を直接傷つけることと同じです。これほど悲しいことはありません。聖書には、弟子たちの不信仰、失敗、イエス様の嘆きと怒り、悲しみも隠されることなく、取り繕われることなく描かれています。どんな理由があってもそれを修正して良いはずがありません。


クリックで応援お願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿